ホーム > ニュース

第63回マカオグランプリ FIA GTワールドカップに参戦する吉本大樹選手とHubAuto Racingをスポンサード

2016年12月15日 更新
2016年シーズン、SUPER GT300クラスで「LEXUS RC F GT3」、スーパー耐久で「Ferrari 488GT3」 のステアリングを握る吉本大樹選手が、第63回マカオグランプリ FIA GTワールドカップに参戦を表明。株式会社triple a出版は、吉本選手とHubAuto Racingのマカオ戦をスポンサードすることとなった。

第63回マカオグランプリ FIA GTワールドカップは24台がエントリー。メルセデスAMG、アウディWRT、ポルシェAG・チーム・マンタイなどワークス格のチームが数多く参戦する中、吉本選手は予選9位。決勝ではスタート後、2台に抜かれ順位を11位にポジションを落としてしまう。その後、フィッシャーマン・ベント選手のクラッシュで約30分の赤旗中断。再開後1周目で、ふたたび大アクシデントが起きる。ローレンス・バンスール選手(アウディR8 LMS)が大クラッシュで、マシンが宙に舞い逆さで落下。そのまま赤旗終了という、大波乱のレースとなった。最終的に、吉本選手は11位でレースを終えた。