R1.OKAYAMA

予選:2018年4月7日(土)・決勝:2018年4月8日(日)

待望の開幕戦がスタート! 11号車が5位入賞を果たす!!

4月7日・8日、今シーズンのSUPER GTが開幕。舞台となったのは岡山国際サーキットだ。
4月上旬は全国的に暖かい日が続いていたが、今大会は予選・決勝ともに気温が大幅に下がり、季節は逆戻り。

10号車「GAINER TANAX triple a GT-R」は、GT300クラスの予選で全29台中17番手。
決勝は一時19番手まで順位を下げるも、最終的に13番手でチェッカーを受けた。

一方11号車「GAINER TANAX GT-R」は、予選で3番グリッドを獲得し、決勝は表彰台を狙える位置からスタートとなった。
レース序盤の5周目には、ストレートエンドでトップを走る88号車のインを差してトップに躍り出た。
このまま引き離しにかかりたかったが、後続車の激しい追い上げにあう。
徐々にタイヤのコンディションも悪くなって順位を下げてしまい、最終的に5位でチェッカーを受けた。

今季から投入されたGAINERの新型GT-Rは、岡山国際サーキットを得意としていない。
そこで2台ともにポイントを獲得できたことを考えると、開幕戦としてはまずまずのスタートと言える。
さらに、次戦の富士スピードウェイは、過去にGT-Rが優勝したことのあるサーキットだ。
マシンとの相性は確実に良い。このプラスイメージを持って、上位入賞、さらには優勝を目指してほしい。

Team GAINER
10号車「GAINER TANAX triple a GT-R」 【ドライバー】星野 一樹 選手、吉田 広樹 選手
11号車「GAINER TANAX AMG GT3」 【ドライバー】平中 克幸 選手、安田 裕信 選手

Round1.OKAYAMA RACE REPORT

4月7日、8日に岡山国際サーキットで開催されたSUPER GT 2018の開幕戦の模様をレポート

 

Top